(ビジネス)『琥珀の夢 小説 鳥井信治郎』(上・下) 伊集院静〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■「ええ商い」目指した創業者の信念

 サントリー創業者・鳥井信治郎の波乱の生涯を描いた評伝小説。著者初の企業人を題材とした作品であり、新聞連載時から耳目を集めた。

 全編から伝わってくるのは明治、大正、昭和を生きた日本人の息吹である。主人公をはじめ大阪・船場の商人たちの底知れぬエネルギー。周囲の猛…

この記事は有料会員記事です。残り434文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら