(日曜に想う)核兵器のむごさ、射るまなざし 編集委員・福島申二

有料会員記事

[PR]

 表情ゆたかなその顔を、春先からニュースで何度も見た。13歳のときに広島で被爆したカナダ在住のサーロー節子さんである。12月にはノーベル平和賞の授賞式でスピーチをするという。

 サーローさんは、今年の平和賞を受ける国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN〈アイキャン〉)の「顔」として国際会…

この記事は有料会員記事です。残り1529文字有料会員になると続きをお読みいただけます。