[PR]

 幻想的な廃墟(はいきょ)を多数描いた麻田(あさだ)浩(1931~97)の没後20年の回顧展が東京・練馬の区立美術館で19日まで開かれている。

 画家一家に生まれ、精神的な不安定さも抱えていた麻田は、描くことを「箱庭療法のようなもの」と述べている。人が登場する絵はほとんどなく、ただ気配のみがある。世…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも