[PR]

 質問時間をめぐる与野党攻防の第1ラウンドとなった衆院文部科学委員会の配分は、「与党1対野党2」で決着した。野党は「均等」を求める与党から最後に譲歩を引き出したが、「数の力」に対抗する難しさを痛感することになった。最近の予算委員会での「2対8」の配分変更を視野に入れる与党にとっては、慣例を崩す足場を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも