大地震、建物被害に差 イラン・イラク

有料会員記事

[PR]

 イランとイラクの国境地帯で12日に起きた大地震で、14日午後までの死者は437人、負傷者は約8千人に上った。被害が大きかったイランでは、手抜き工事で公共住宅が建設された疑惑が浮上。イラクでは、フセイン政権軍の空爆から身を守るため、住宅を強固な構造にしていたことが被害軽減につながったとみられる。

この記事は有料会員記事です。残り1630文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら