[PR]

 空よりも、赤レンガ造りの校舎よりも、朱に染まったみち。油彩「夕陽の立教大学」は、詩人の小熊秀雄が1935(昭和10)年、洋画家寺田政明のアトリエで描いた作品だ。東京・西池袋の立教大本館と礼拝堂を、当時テニスコートだったあたりから描写したと考えられている。

 北海道・小樽に生まれた小熊は、26歳のと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも