薬価、年350億円販売で値下げ可 年4回、最大25% 政府、高額薬の改革案

有料記事

[PR]

 高額薬が続々登場してきたことを受け、政府が検討してきた薬の公定価格(薬価)の決め方の抜本改革案が16日、分かった。公的保険の適用後に別の治療にも使えるようになった薬で、年間販売額が350億円を超えた場合は価格を最大年4回、1回当たり最大25%下げられるようにする。今後、与党と調整し、2018年度に…

この記事は有料記事です。残り373文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!