自民、改憲論議を再始動 47条・92条で合区解消 衆院選後初会合

有料記事

[PR]

 自民党憲法改正推進本部(細田博之本部長)は16日、衆院選後初となる全体会合を開き、憲法論議を再始動した。自民党は早ければ年内に党改憲原案をまとめ、来年の通常国会での発議をめざす。しかし与党・公明党の根強い慎重論など、実現には高いハードルが待ち受ける。▼2面=構図じわり変化、16面=社説

 全体会…

この記事は有料記事です。残り454文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!