[PR]

 労働事件史上、空前の大規模捜査となった電通の違法残業事件の判決が先月確定し、刑事事件の手続きは全て終結した。スピード捜査、社長の引責辞任、公開の法廷での審理と異例ずくめの展開をたどった事件は「働き方改革」に大きな影響を与えたが、事件を通じて多くの課題も見えてきた。事件を振り返り、積み残された課題を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも