[PR]

 仏教彫刻の研究で、X線CTスキャン装置が威力を発揮している。仏像を解体せず、胎内を透視して構造や納入物を確認できるうえ、データの分析によって納入物の形を立体的に再現することも可能になった。発見によって新たな謎が浮上した例もある。

 東京国立博物館(東博)の特別展「運慶」(26日まで)に合わせて1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも