[PR]

 いじめが疑われる子どもの自殺や不登校がなくならない。発生後の学校の対応や第三者委員会の調査で、本人や遺族がさらに傷つくこともある。抜本的な改善策はあるのか。

 ■被害の訴え、それこそ証拠 飛田桂(弁護士)

 私が代理人を務めた少年は、原発事故後に福島県から避難した横浜市で、同級生らにいじめられて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも