無戸籍対策、官民が連携 弁護士会・家裁と新組織 法務省

有料会員記事

[PR]

 戸籍を持たない「無戸籍者」が存在している問題で、法務省は各地の法務局に対し、弁護士会家庭裁判所などとの連携組織を新設するよう指示した。無戸籍者は結婚や就職など、生活上で様々な制約を強いられている。同省は無戸籍者の全体数を把握できておらず、掘り起こしも目指す。

 上川陽子法相は21日の閣議後会見で…

この記事は有料会員記事です。残り616文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら