冗舌答弁、首相封印? 時間短く、野党批判は抑え気味 代表質問、目立つ安全運転

有料記事

[PR]

 答弁の時間は短く野党への批判は抑え気味に――。衆参両院で20~22日に行われた代表質問で、安倍晋三首相の答弁にはこんな特徴がうかがえた。衆院選で大勝したとはいえ、「おごり」として受け止められたかつての冗舌な答弁はなりを潜め、安全運転ぶりが目立った。

 衆院では、首相は与野党各会派の7人に対し、計9…

この記事は有料記事です。残り315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!