希望、9条の是非含め積極議論へ 党憲法調査会、初会合

有料会員記事

[PR]

 希望の党は22日、国会内で党憲法調査会の初会合を開き、9条改憲の是非も含めて積極的に議論を進めることを確認した。玉木雄一郎代表は「自衛権の発動要件や行使の限界について、しっかり議論してほしい」と呼びかけた。

 会合では、日本のこころ代表時代に独自の憲法草案をつくった中山恭子参院議員が「立憲主義とい…

この記事は有料会員記事です。残り178文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら