首相への改憲質問、公明代表避ける 「国民の誤解招く」 参院代表質問

有料記事

[PR]

 公明党山口那津男代表は22日、参院本会議での代表質問に立ったが、憲法改正については触れなかった。終了後、記者団に対し、改正を発議するのはあくまで国会で、首相ではないとして、「国会で政府に問うことはやるべきではない」と主張。各党とも首相への憲法改正の質問は控えるべきだとの考えを示した。

 山口氏の…

この記事は有料記事です。残り430文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!