高所得会社員、増税で一致 年金控除10~20万円減軸 自民税調

有料記事

[PR]

 自民党税制調査会は29日の会合で、会社員向けの減税措置である「給与所得控除」を縮小し、高所得者を中心に増税する方針で一致した。年金受給者向けの「公的年金等控除」の見直しでは、年金以外の収入が1千万円以上の人の控除額を10万~20万円減らして増税する方向で調整に入る。

 公的年金等控除については…

この記事は有料記事です。残り546文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。