血液製剤の輸出、50年ぶり解禁へ 余剰分を有効活用 厚労省方針

有料記事

[PR]

 献血から造られる血液製剤の余剰分の輸出について厚生労働省は29日、解禁する方針を決めた。輸出は1966年、国内での安定供給を理由に禁じられたが、使われていない分の有効活用を求める声が出ていた。来年度に省令と政令を改正し、再来年度の輸出解禁をめざす。

 同省の有識者会議で了承された。血液製剤は、国内…

この記事は有料記事です。残り335文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。