(社説余滴)韓国の「甘え」と「独島エビ」 箱田哲也

有料記事

[PR]

 語順も表現も似ている日本語と韓国語だが、熟練の通訳でもてこずる、訳しにくい言葉がいくつかある。日本語の「甘え」はその代表格だ。

 韓国にも似た言葉はあるにはある。だが、幼子が親に駄々をこねる、といった意味で範囲が限られる。

 例えば国際会議で日本側が「過去の問題があるにせよ、それは韓国の甘えだ」な…

この記事は有料記事です。残り808文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載社説余滴

この連載の一覧を見る