[PR]

 ゴツゴツした映画だ。まっすぐに役者の芝居をとらえ、自己実現に向けての模索の軌跡をフィクションとして紡いでいく。その愚直な演出が、登場人物たちの不器用な生き方と相まって、言わば男料理の優しい味。表現の微熱に浮かされた人間の宿業が、愛(いと)おしさと共によく伝わってくる。

 これは芸人の世界を描く青春…

この記事は有料会員記事です。残り554文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り554文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り554文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも