[PR]

 電通の違法残業事件は経営トップの引責辞任に発展し、企業経営者に労務管理の重要性を強く印象づけた。事件をきっかけに多くの企業が「働き方改革」を掲げるようになったが、働き手のための改革は道半ばだ。労働組合の役割も問い直されている。

 「働き方改革がどのように実行されていくか、疑問を持っている人もいる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも