[PR]

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)カルガリー大会最終日が3日、カナダ・カルガリーであり、小平奈緒(相沢病院)は女子500メートルで、高木美帆(日体大助手)は女子1500メートルでともに日本新記録を出し、優勝した。日本スケート連盟の規定により、2人ともこの種目での平昌五輪出場が確実となった。▼…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも