[PR]

 地名を冠した国内産のワインのラベルが次々と変わりそうだ。「地名を書くなら、ブドウの大半はその土地のものに」。国税庁が来年秋からそんな新基準を設けるためだ。地元だけでブドウを集めるのが難しいワイナリーは、ワイン名を「社名」にするなどの対応策を採り始めている。

 山形県上山市のタケダワイナリー。19…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも