[PR]

 カルガリー大会最終日でも日本女子の躍進が続いた。女子500メートルでは小平奈緒が、自身の記録を0秒22更新する36秒53の日本新で優勝すると、郷亜里砂(イヨテツク)も37秒06で3位に食い込んだ。女子1500メートルは高木美帆(日体大助手)が1分51秒79で優勝。押切美沙紀(富士急)が2年前に出し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも