[PR]

 歌う松任谷由実、演じる俳優陣が交差し融合を目指す舞台「朝陽(あさひ)の中で微笑(ほほえ)んで」(松任谷正隆脚本・演出)が、東京・帝国劇場で上演中だ。未来の愛の姿を淡い希望をまぶして描き、見えない「永遠の愛」を信じられる者の心の鐘を打つ。

 2517年。50代の肇(寺脇康文)が死別した恋人恵美に似た…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも