[PR]

 愛さえあれば、妻を捨て、人妻を横取りするのも許される。およそ理不尽な筋書きのオペラの最右翼「ポッペアの戴冠(たいかん)」が、モンテヴェルディ生誕450年記念の掉尾(ちょうび)を飾った。演奏は鈴木優人指揮のバッハ・コレギウム・ジャパンである(11月23日、東京オペラシティコンサートホール)。

 理不…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも