[PR]

 東日本大震災の原発事故で、福島県浪江町から避難を余儀なくされている住民らが今月、自分たちの体験をもとに作られた物語や民話を演奏や絵に重ねて語る公演を開きます。帰れない古里への思いを胸に「本当にあったことを伝え続けたい」といいます。

 公演を主催するのは「浪江まち物語つたえ隊」。原発事故から3年後…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも