[PR]

 特定秘密保護法に基づき、特定秘密の運用をチェックする衆院情報監視審査会は8日、経済産業省、防衛省、防衛装備庁に対し、廃棄予定の特定秘密を含む文書を審査会に提示するよう求めることを決めた。審査会の額賀福志郎会長(自民)が終了後の記者会見で明らかにした。

 額賀氏によると、提示を求めた廃棄予定の文書は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも