[PR]

 2005年に栃木県今市市(現日光市)の小1女児(当時7)が殺害された事件で、殺人などの罪に問われ、一審・宇都宮地裁で無期懲役判決を受けた無職勝又拓哉被告(35)の控訴審第3回公判が11日、東京高裁であった。一審で証拠提出されなかった遺体の遺留物のDNA型鑑定を詳しく調べるため、藤井敏明裁判長は弁護…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも