[PR]

 集団予防接種が原因のB型肝炎を巡り、20年以上前に慢性肝炎を発症した後に再発した男性2人が、国に損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、福岡地裁であった。片山昭人裁判長(足立正佳裁判長代読)は、原告の請求通り、国に計2500万円と弁護士費用175万円の支払いを命じた。

 判決は損害賠償の請求権が消滅す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも