[PR]

 中国の最高人民検察院(最高検に相当)は11日、4大直轄市の一つである重慶市トップを解任されて党籍剥奪(はくだつ)と公職追放の処分を受けた孫政才(スン・チョンツァイ)前同市共産党委員会書記について、収賄容疑で「強制措置」をとったと発表した。検察当局が正式に身柄を拘束し、捜査を進めている模様だ。現職の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも