(eco活プラス)「顔の見える電力」を選ぶ 生産者を応援、価格以外の比較も

有料記事

[PR]

 どこで、どんな人たちがつくった電気なのか、ひと目でわかる。農産物の産地直送のように、生産者の顔が見える電力小売りサービスが少しずつ広がってきています。電気という商品を通じた、生産者と消費者の新たな結びつきの形です。

 「どの発電所を応援しようかな」。東京都内で夫と暮らすグラフィックデザイナー、石塚…

この記事は有料記事です。残り1371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。