(ひと)伊藤芳浩さん 手話通訳を頼む「電話リレーサービス」の実現を訴える

有料会員記事

[PR]

 聴覚障がい者は、緊急時に警察や消防に電話をかけられない。テレビ電話などで手話通訳に仲立ちを頼むのが「命綱」だ。

 そんな「電話リレーサービス」を、いつでも無料で使える公的制度の実現を訴える。聞こえる人との情報バリアーの打破をめざすNPO法人「インフォメーションギャップバスター」の理事長だ。

 生ま…

この記事は有料会員記事です。残り411文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら