[PR]

 海坂(うなさか)藩――。今年、没後20年を迎えた作家藤沢周平が、しばしば小説の舞台にした東北の架空の小藩だ。モデルとなった庄内藩の城下町、山形県鶴岡市を訪ねた。藤沢がこよなく愛したふるさとだ。

 鶴ケ岡城址(じょうし)公園を囲むお堀端を歩く。藤沢が夜間中学に通った道でもある。近くに家老屋敷の豪壮な…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも