沈黙と暗闇でこそ自分と向き合える 「わたしは、幸福」アラン・ゴミス監督

有料記事

[PR]

 アフリカの熱気と力強い歌声に心が揺さぶられる。コンゴ民主共和国の首都キンシャサを舞台に、幸福を意味する名前を持つ女性歌手が、真の安らぎを得るまでの物語「わたしは、幸福(フェリシテ)」。セネガルフランス人のアラン・ゴミス監督の意欲作だ。16日公開。

 内戦の混乱が残るキンシャサで、バーで歌いながら…

この記事は有料記事です。残り589文字有料会員になると続きをお読みいただけます。