(評・映画)「勝手にふるえてろ」 ヒロイン、一級の可笑しさ

有料記事

[PR]

 中学時代以来のイチ(北村匠海〈たくみ〉)への片思いと、職場の同期・ニ(渡辺大知)からの愛の狭間(はざま)で揺れる、ちょっと痛い女・ヨシカ(松岡茉優)の物語。綿矢りさの同名小説を元に、松岡とは過去にもオムニバス映画などで仕事を共にしてきた監督・大九(おおく)明子が、彼女の魅力と可能性を格段に大きく開…

この記事は有料記事です。残り572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。