[PR]

 文化審議会は今月8日、国が指定する文化財の保存と活用、継承についての答申を文部科学相に提出した。規制を緩和して活用を促す内容で、来年の通常国会に提出見込みの文化財保護法改正案について文化庁は「非常に大きな改正になる」と位置づける。

 答申によると、保存活用の「地域計画」を策定した自治体は国に対して…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも