英への原発輸出「政府支援を」 出資集まらなければ中止も 日立社長

有料会員記事

[PR]

 日立製作所の東原敏昭社長は18日、報道各社とのインタビューに応じ、英国で2020年代前半の稼働を計画している原発の建設事業について、日本政府の支援を求める考えを示した。日立にとっては初の「原発輸出」になるが、採算の見通しが厳しく、着工の条件にしている出資者の確保が難航しそうだからだ。

 事業費は2…

この記事は有料会員記事です。残り366文字有料会員になると続きをお読みいただけます。