協会けんぽ料率、10%で据え置き

有料会員記事

[PR]

 中小企業の会社員や家族が入る公的医療保険の「協会けんぽ」は19日、2018年度の全国平均の保険料率(労使合計)を10%に据え置くと決めた。12年度以降、7年連続で同率となる。都道府県ごとの保険料率は来年1月中に決まる見込みだ。

 協会けんぽの16年度の決算は過去最大の4987億円の黒字。しかし、黒…

この記事は有料会員記事です。残り34文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら