[PR]

 私の好きな小説のひとつに小川洋子さんの『博士の愛した数式』(新潮文庫)があります。小説の中のヒロインが「博士」と呼ぶ男性は「数論専門の元大学教師」。博士の部屋にある書籍といえば『連続群論』『代数的整数論』『数論考究』などという書名ばかり。「これほどたくさんの本があるのに、読みたいと思える本が一冊も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも