外国人農業、通算3年まで 特区指針決定、報酬は日本人同等以上

有料会員記事

[PR]

 政府は、国家戦略特区で農作業にあたる外国人労働者の受け入れ指針を決めた。日本で働ける期間を通算3年とし、報酬は日本人と同等以上にすることなどを定める。政府は今後、手続きの詳細などを詰める。

 国家戦略特区法が6月に改正され、外国人による農作業や農産物の加工、販売が認められた。「即戦力」として、1年…

この記事は有料会員記事です。残り419文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら