「原発のパイオニア」窮地 原電、全基停止で経営危機

有料会員記事

[PR]

 設立から60年を迎えた原発専業会社、日本原子力発電(原電)が追い込まれている。東京電力福島第一原発事故の影響で保有する全原発が停止しており、来年11月に運転開始40年となる東海第二原発茨城県、停止中)の稼働延長に今後を託す。「原子力発電のパイオニア」の経営危機は、原発事故後の原子力政策の行き詰ま…

この記事は有料会員記事です。残り2612文字有料会員になると続きをお読みいただけます。