治療用装具、724万円不正 請求、写真義務づけ検討 厚労省調査

有料会員記事

[PR]

 病気の治療で使うコルセットなどの「治療用装具」の製作をめぐり、2014年4月~17年9月に計324件、総額724万円の不正請求があったことが23日、厚生労働省の調査で分かった。厚労省は請求の際に現物写真の添付を義務づけるなど防止策を検討する。

 治療用装具は病気やケガをした部分が治るまで保護したり…

この記事は有料会員記事です。残り472文字有料会員になると続きをお読みいただけます。