[PR]

 「楽器の王様」と呼ばれるパイプオルガンの工房を岐阜県高山市に開いて32年。金属製のパイプ(笛)の大半が輸入されるなか、笛まで作る職人は日本に数人。その代表格だ。

 鉛とスズをるつぼで溶かしてシート状に。それを丸めてハンダ付けして笛が1本、完成する。圧縮された風が笛に送り込まれることで音が出る。

 …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも
こんなニュースも