[PR]

 正月の歌舞伎「通し狂言 世界花小栗判官(せかいのはなおぐりはんがん)」が1月3日から、東京・半蔵門の国立劇場で上演される。中世以来、語り継がれてきた小栗判官の伝説を題材にした歌舞伎の決定版「姫競双葉絵草紙(ひめくらべふたばえぞうし)」をさらに磨いた。尾上菊五郎らが中心となり、「絵草紙」の世界を立体…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも