[PR]

 三菱マテリアルは28日、子会社による品質データ改ざん問題に関する中間調査報告書を公表した。三菱伸銅と三菱電線工業の2社で、改ざんを指南する書類に基づく組織的な不正が長年続いていたと認定。三菱電線では村田博昭前社長が2013年に不正を認識していた可能性を指摘した。

 三菱マテの竹内章社長は会見で「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも