[PR]

 次は何が出るだろう――。子どもの時、胸を躍らせて開封し、一喜一憂した様々なお菓子のおまけたち。今や大人も夢中になるものまで登場し、さらなる広がりを見せている。そんなおまけには江戸時代から連なる長い歴史がある。

 おまけのルーツは、江戸時代の富山の薬売りにさかのぼると言われている。

 「売薬さん」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも