(家族って:3)専業主婦の私、輝けるのに 夫や息子の幸せ、支える誇り

有料会員記事

[PR]

 かつて「男は仕事、女は主婦」が理想とされた時代がありました。「女性活躍」の波が押し寄せるなか、専業主婦たちはやり場のない思いを抱えます。

 家族を送り出した後、リビングで1人。水戸市の斉藤綾さん(43)は、いつものように朝食をとりながら朝刊をめくる。安倍政権が掲げる「女性活躍」の記事を見るたび…

この記事は有料会員記事です。残り1662文字有料会員になると続きをお読みいただけます。