内部留保活用へ「投資家と対話を」 金融庁、3月までに指針

有料会員記事

[PR]

 金融庁は、利益剰余金内部留保)を企業価値の向上に使うよう企業に促す指針を3月末までにまとめる。企業に染みついた「ためこみ」文化を変えるため、成長投資などへの振り向けを望む機関投資家との対話を呼びかける。昨年の衆院選で「内部留保課税」の議論が起こるなど、企業のため込みへの視線は厳しく、企業側も対応…

この記事は有料会員記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら