住田正二さん死去 JR東日本の初代社長

有料記事

 JR東日本の初代社長で、元運輸事務次官の住田正二(すみた・しょうじ)さんが、昨年12月20日に老衰で死去していたことがわかった。95歳だった。葬儀は親族で営んだ。後日、お別れの会を開くが、日程などは未定。問い合わせは同社総務部秘書グループ(03・5334・1215)。

 47年、運輸省(現国土交通…

この記事は有料記事です。残り144文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!