[PR]

 無職 和泉まさ江(神奈川県 53)

 「えんとつがあるから、そこからもくもくけむりが、でるから、わたしたちの町の空は、しろくかすんだ空。きれいな青空をいつもみたい」という私の詩が川崎市の国語教育研究会の詩集「かわさき」に載ったのは1972年、小学校3年生の時。当時の川崎は、くぐもった空と大気の異臭…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら